第30回仙台青葉まつり自主警備のご報告

5月17日(土)、5月18日(日)に第30回仙台青葉まつりが開催されました。

起源は承応4年(1655年)に始まった仙台祭まで遡ります。毎年9月17日に東照宮の祭りとして盛大に行われてきました。

しかし昭和40年代後半に交通事情などの理由から途絶えてしまいました。

現在の仙台青葉まつりは伊達政宗公350年を迎えた昭和60年に伊達政宗公350年協賛会(現在の青葉まつり協賛会)主催のもと、「仙台・あおばまつり」とその名を変更し、市民がつくる市民のまつり、として復活させたもので今年30回目を迎えます。

現在ではおよそ90万人を超える観客を動員する祭りへと発展しました。

1日目の「宵まつり」では約4000人による、すずめ踊りが演舞され仙台の夜を熱く幻想的に演出しました。

2日目の「本まつり」では勇壮な甲冑姿の武者行列、豪華絢爛11基の山鉾巡業、すずめ踊りの大流しと時代絵巻の大パノラマがくりひろげられました。

仙台青年会議所では、昭和60年のまつり復活時の中心メンバーとして仙台青年会議所OBの先輩方がご活躍されたということから協力要請を受け、メンバー、その年の仮会員メンバーが一丸となって青葉まつりの警備を毎年担当させて頂いております。

青葉まつり1日目「宵まつり」

1

 

 

挨拶と警備の要点を説明する
仙台・青葉まつり実行委員会 実行委員長 上野 隆士 氏

 

2

 

 

メンバーとの警備打ち合わせ

 

3

 

交通規制後の定禅寺通りの様子

 

4

 

警備用具準備の様子

 

5

 

迫力のすずめ踊り

 

6

 

 

締めの挨拶をする理事長 納庄 国英 君

 

7

 

1日目終了 お疲れ様でした。

 

観客の方々に多大なご協力を頂き、滞りなく警備、清掃を行なうことができました。

青葉まつり2日目「本まつり」

 

8

 

 

武者行列の先陣を切ります理事長 納庄 国英 君

 

9

 

仮会員も熱心に警備にあたります。

 

10

 

 

仙台・青葉まつり実行委員会 実行委員長 上野 隆士 氏と
理事長 納庄 国英 君

 

11

 

 

警備用具片付けの様子

 

12

 

 

道路清掃、手伝って頂いた観客の方もいらっしゃいました。

 

13

 

 

 

 

2日目終了 集合写真

 

メンバーの皆さん、仮会員の皆さん、そしてお手伝い頂いた泉JCの皆さん 2日間お疲れ様でした。

皆さんのご協力のおかげで警備、清掃を滞りなく行なうことができました。

ご協力頂きました観客の皆様方にも御礼申し上げます。