2017年7月5日に開催された「明るい仙台に向けた公開討論会」が47newsに掲載されました。(以下記事一部抜粋)

任期満了に伴う仙台市長選(9日告示、23日投開票)に立候補を予定する新人4人による公開討論会が5日、青葉区の東北大片平さくらホールで開かれた。4人は基本政策を訴え、市政課題に対する考えを説明した。
仙台青年会議所(JC)が主催し、約150人が来場。いずれも無所属で、会社社長菅原裕典氏(57)、元衆院議員大久保三代氏(40)、元衆院議員林宙紀氏(39)、衆院議員郡和子氏(60)=比例東北=(紹介順)が登壇した。

A public debate by four newcomers scheduling candidates for mayoral mayor Sendai on the expiration of the term of office was held on November 5 in Aiba Sakura Hall in Tohoku University. Four people complained about basic policy and explained the idea of municipal affairs.
About 150 people visited by Sendai JC. Hironori Sugawara (57), Okubo Miyo (40), Hiroki Hayashi (39),  Kazuko Kohri (60) attended.

47ニュース